パクチーエナジーゴールド 効果なし

口臭とは?

 

人の嗅覚は臭の変化にはとても敏感ですが、慣れてしまった臭に対してはとても鈍感になってしまいます。
そのため他人の臭にはすぐ気がついても自分の臭いには中々気づかないものです。
そのような口臭を予防・改善する方法はどんなものがあるでしょうか。

 

まず、「口臭」とはどんなものか?ですが
口臭はその名前の通り、吐く息などによって口から出される嫌な臭いのことです。

 

口の中にいる細菌が、唾液や血液、古くなって剥がれ落ちた細胞、食事の後の食べかすなどに含まれているタンパク質などを分解して、臭いの原因となるメチルメルカプタンやジメチルサルファイド、硫化水素といった発揮性硫黄化合物を生産した結果、口臭が生じます。

 

この口臭のセルフチェックの方法ですが、簡単にできる方法があります。
まず清潔なコップを用意し、それを水平に持って中に軽く息を吐きます。そして2秒から3秒待ってから花を近づけてみます。そこで変な匂いを感じるようなら、口臭があると半田することができます。

 

ではその口臭を防ぐにはどうすればよいでしょうか?雑に歯磨きをするだけでは口臭を防ぐことはできません。気をつけるべき7つのポイントを紹介していきます。

 

1.毎日の歯磨き
当然ですが、日々丁寧に歯磨きをする習慣は非常に大切です。

 

2.病気をしていないか?
様々なケアをしても口臭が改善されない場合は、口臭の原因となる病気を疑うと良いでしょう。

 

3.歯周病や歯石などの治療
歯石は自力で完全に除去することが不可能です。
ですので専門の歯科医さんなどに相談することをお勧めします。

 

4.舌みがき
自分の舌をチェックした時に、舌が白くなっていたらそれは、口臭の原因となる舌苔だと思ってほぼ間違いありません。

 

5.リラックスできる環境
緊張すると唾液の量が減ってしまいます。その結果口の中がネバネバと乾燥して口臭が強くなってしまいます。

 

6.唾液が出てくるような工夫
唾液が出ることによって、細菌が洗い流されて口の中が清潔に保たれます。
唾液を増やすにはよく噛んで食べる工夫をしたり、ガムを噛むことが効果的です。

 

7.口臭予防効果のある蜂蜜など
実はハチミツには口の中を洗浄してくれる殺菌作用や粘膜を保護してくれる働きがあります。

 

なんとなく適当に歯磨きをするのではなく、
以上のような7つのポイントを踏まえた上でちょっとした一工夫をすることで、口臭の予防や改善ができることを知っておくと、いろいろとメリットを得ることができるでしょう。